ポキとフリークスと人間と・・・

何処に行っても同じか・・・。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | -
For No One
ラバー・ソウル
Rubber Soul
The Beatles


「初めて聴いたロックはThe Beatlesだった」と言えることを誇りに思う。
やはり、全てはThe Beatlesから始まったし、やはり彼らに帰らざるをえない。いろいろな音楽を聴いてきたけど、最終的にはビートルズがやはり一番!!(ё)

 “The Beatlesよりも、同時代に活動していた・・・の方が革新的だ”と言って、The BeatlesやBeach Boys、The Rolling Stonesなどの影に隠れているあまり有名ではないアーティストを擁護する意見をたまに聞くが、果たしてそうだろうか。勿論、わたくしはCaptain Beefheartも13th Floor ElevatorsもMC5も好きだけど。わたくしにとっては、彼らがカルト的な人気に留まるのは革新的過ぎるからではない。革新性が足りないからだ。The Beatlesと比べたら、彼らの革新性はかすんで見える。新たな大衆音楽の地平そのものを切り開いたThe Bealtesの根源的な革新性と比べたら。わたくしには絶えず彼らの音楽に戻って参照しては問い直すというスタイルが最良だと思う。だって、そこにはわたくしが望んでいる全てがある。
 個人的には後期ビートルズは好かん。各自がバンドを離れ、プライベートな空間に撤退すると同時に、逆説的にそのプライベートな音作りが陳腐でありきたりな音となっている。やはり中期ビートルズが、まだ互いに手を取り合って、第三者的な空間を目指していた時期が一番好き。試しに、ポール作の“For No One(ちなみに『Revolver』収録で『Rubber Soul』ではない)”という曲を聴いてみたらいい。無理して高音域を出さなくても、この際、ジョンとジョージのハーモニーがなくてもいい。平凡な中音域だけで奏でられる唯一つのメロディ。その間、3分足らず。それなのに、このドラマティックに変わる曲調は天才の業としか言いようがない。この何処かマイナーで憂いがあって、かつポップな曲調は彼らだけがなし得るもの。The Beatlesを聴くと涙が出るのは何故だろう。



04:20 | 音楽 | comments(0) | trackbacks(3)
風をあつめて
風街ろまん
風街ろまん
はっぴいえんど



本当に、はっぴいえんどは改めて良い曲、良い詩を書くなと思う。

アルバム『風街ろまん』なんて音楽的評価+α、つまり本来備わっている良さに加えて余分な評価、つまりノスタルジア、メランコリーなどを否応なく呼び起こしてしまう。自分の小学校時代のアルバムをぺらぺらめくるかのように、眠らない大都市になる前夜の東京の風景が、知らないはずなのに鮮明に喚起される。

“人気のない朝の珈琲屋で暇を潰していたら・・・”なんて今頃歌ったら草食男子と見なされるのもありだろうか。でも彼らがそう歌えば、何とも言えない匂いが、悶々とした臭さが匂いたつ。絶対彼らの時代は毎日お風呂に入っていなかった。両親や祖父母がいつか語ったような幼少期の映像を喚起させる切り取られた言葉の断片、風景の断片とどことなくかび臭い連中。聴覚だけでなく、視覚や臭覚、触覚までも刺激するアルバム。いや、むしろ臭覚が一番強い。がんがん匂ってくる。視覚、それの反動としての触覚に重点を持っていかれがちな現代に対して、臭覚と聴覚は何とも不可思議な生暖かい空間を広げる。彼らが生活していた空間、時間(今も生きてるけど)のための場所を開けたままにしておくのは視覚ではなく、聴覚と臭覚(あと味覚?)であると思われる。故に、この聴覚・臭覚が消えると、現実感覚そのものが狂うのだ。


“木綿のハンカチーフ”の作詞を担当したのはドラムの方だったよね。



05:11 | 音楽 | comments(0) | trackbacks(1)
My Little Little Sister
ウォント・トゥー
Want Two
Rufus Wainwright




 Rufus Wainwrightは『Want One』の方が好きなのだけど。いずれにせよ、彼はわたくしが最も好きな歌手の一人だ。滑らかで艶やかで妖しい歌声も好きだし、彼の存在感を引き立てる仰々しすぎるオーケストラのアレンジも好きだし、退廃的でナルシスティックな目線も好き。『Want One』は良質なアメリカン・シンガー・ソングライターとしての才能が開花し、ロック的な要素と仰々しいオーケストラと見事に調和した作品だった。一方『Want Two』は本来オペラ出身だった彼のクラシカルな面が前面に出た作品。ロック的なのは前者の方、歌モノとしても前者の方なのだけど、彼にしか表現できない濃厚なデカダンス(文字通り腐りかけの果実のような)、とろけそうな美声を満喫するなら後者。ステージで女装をし、“ゲイの救世主”を気取って嬉々として歌う姿は圧巻。
 わたくしが最終的に望むバンド形態は、ピアノ・カルテットを背後に従えて、小粋な楽曲を朗々と歌い上げることだ。ピアノの代わりにハープシコードでもいい。ラディカルにかわいい曲をやりたい。かわいいんだけど血なまぐさい楽曲。室内楽に囲まれてくるくる踊りたい。Rufus Wainwrightが“Oh My Little Little Sister”と歌いながらストリングスと戯れていたように。思い切りバロックでかわいらしい曲を室内楽の流れるような演奏に合わせて歌う。聴いているうちに視界が霞んでくるような。最後はお決まりの大団円でじゃーーんっと終わる。




Want One
Want One
Rufus Wainwright



06:11 | 音楽 | comments(0) | trackbacks(0)
It's not somebody who's seen the light
グレース
グレース
Jeff Buckley



 Leonard Cohenが作詞作曲した“Hallelujah”という曲を、Jeff BuckleyやRufus Wainwrightなどがカバーしている。両者ともに奇跡的な声の持ち主で、本当に信じられないくらい厳かに響く。その声の響きに“聴き惚れる”というのはこういうことなのかと思い知らされる。最初に知ったのはJeff Buckleyの方だけど、個人的にはRufus Wainwrightの声が好きなのでこちらの方が好き。アレンジもギターよりもピアノ一つの弾き語りの方が好きなので。でも両者とも濃すぎるほど個性的なボーカリストなので、もはや選択すること自体意味がないのだ。
 しかし、やはりLeonard Cohenの詩とメロディの魅力がボーカリストが変わっても、変わらずに際立っている。“Hallelujah”、この曲の詩がすごい。今更ながら恐れ入った。彼の独自の宗教観が遺憾なく発揮されている。語り始めるあたりからすでに、厳かだけど優しく、寒そうだけど暖かい雰囲気に持っていかれる。



多分、私は以前ここに来たことがある。
私はこの部屋を知っている。私はここを歩いたことがある。
君に出会う前、わたしはここで一人で住んでいたんだ。


という所が妙に引っかかって、何度も何度も読み直した。何故か知らないけど、この部分が本当に好き。あとここも。



I've heard there was a secret chord
that David played, and it pleased the Lord
But you don't really care for music, Do you?
It goes like this, the fourth, the fifth
The minor Fall, The major lift,
The baffled king composing, hallelujah



04:37 | 音楽 | comments(2) | trackbacks(0)
深夜に
Electric Heavyland
Electric Heavyland
Acid Mothers Temple



勉強の合間に、深夜にAcid Mothers Templeを聴く。
ひたすらギシギシ、ガシャンガシャンと鋭い音を発するギターと、むおぉぉぉーっという発振音のようなベースがおよそ20分くらい続きます。
何だか気持ち悪いや。でも無駄にテンションが上がって何か吠えていた。

わたくしはMOGWAI、Sunn 0)))、borisなどの混沌や渦は好きだけど、Acid Mothers Templeの混沌なりやたらでかい音の塊は時に不快になる。時に好きだけど。


急にベースが弾きたくなった。忘れていた感覚を無理やりこじ開けられた感じがして、とにかく今猛烈にベースを弾きたい。およそロックやバンド的なカタルシスからは程遠い生活に慣れていたのだけれど、ふと思い出した。エジプトでは楽器を演奏したいというよりかは、とにかく誰かと踊りたい、という感じ。劣悪な音質で、ワレまくるほどの大音量でとにかく誰かと踊る。



今はベースを弾きたい。
全てのエフェクターを直列繋ぎでONにして弾きたいな。
通常のベース音の2オクターブくらい低い音を出したい。
頭をゆっさゆっさ振動させて、くらくらしてぼーっとしてそのまま戻ってこれないような危険な音を出したい。
地下練習室やStudio Leda、あと定演をやったSilver Elephantのステージで全てのエフェクターをONにした瞬間、周囲の物体や地面までもが揺れているのを感じるのが好き。
もっと低くて太くて滑らかで艶やかな音を出せるはず。



06:41 | 音楽 | comments(2) | trackbacks(0)
冷たい太陽
SOUP
SOUP
ROUAGE


ここ最近、やたらビジュアル系の話題で熱くなるな。

 わたくしは中学校の頃はガチガチのビジュアル系だった(ほんとだよ)。大学一年生の時まではL'arc〜en〜CielとDir en greyの音源は全てチェックしてた。最後に買ったビジュアル系の音源はROUAGEのライブアルバム。ROUAGEは懐かしい。中学校の時はやたらカラオケでROUAGEやL'arc〜en〜Ciel、Fanatic◇Crisisなどを絶叫してたな。“Pa.ra.no.i.a”とか“ever blue”とか。中学校の時(建前上は高校になってもだけど)はカラオケが親に禁止されていて、中2になって初めてカラオケに行ったときは今までになくテンションがあがった。大学1年になって初めてクラブに行った時もやたらテンションが上がったことを思い出す。
 だいたい熱狂的なビジュアル系ファンの熱が冷めて他の音楽、洋楽、インディーズやらに目覚める高校生〜大学生あたりになってもビジュアル系的審美眼は全くもって手放したことはない。おそらく、わたくしにとって高校〜大学で出会ったAlternative、Punk、Doom Matal、R&B、Hip Hop、Jazzなどの各ジャンルは“詰め物、内容”で、ビジュアル系は純粋に空虚な“形式、容器”なのだろうと思う。1990年代末期の最盛期に若干違和感があるのはビジュアル系が“からっぽの容器”であることをやめ、音楽的に充足しだしたからだ。そして今、再びビジュアル系が空虚な形式として徘徊している。そこに留まり続けることが彼らが生き延びることができる唯一の方法だろう。
 ということで、みんなでビジュアル系になりましょう。わたくし、多部未華子の格好するよ。多部未華子のコスチュームでみんなをあっと言わせるよ(*´∇`*)



22:06 | 音楽 | comments(2) | trackbacks(0)
キラキラジブリ
キラキラジブリ
キラキラジブリ
オムニバス



 なんとなくiTunesでオムニバスアルバム『キラキラジブリ』収録のDe De Mouseがカバーした“Take Me Home Country Roads”を購入した。De De Mouseは去年発売されたアルバム『Tide of Stars』で知ったのだけど、やたらキラキラしてて、テカテカしてる可愛らしいダンス・ミュージックだった。わたくしはこのアルバムをエジプトに来て一ヶ月経った頃、当時滞在していたペンションさくらでダウンロードした。何故か知らないが当時は周囲の日本人は全員敵で包囲されていると完全に思い込んでいた。当時は留学生であるという理念を必死で守りたかったのでしょう。ところで、このDe De Mouseというアーティストは、自らの表現に真摯で誠実な音楽を目指すエレクトロニカ系のアーティストというよりかは、バブル期のアイドルポップみたいな都会的な音の眩さと快楽性を追求したような音というか。時にあまりにもチープで雑な音もあるけど、それでも今は踊らなくてはならないんだ、という快楽の向こうを見据えた切なさがあって、なんだか好き。アーティスト自身がどのような人かという情報はあまり詳しくないが。
 それで、この『キラキラジブリ』では『耳をすませば』のあの曲をキラキラしたバブリーなアレンジでカバーしているのだけど、なんと本名陽子自身がボーカルを担当してて、彼女の声が聞こえた瞬間に一気にテンションが上がった。当時と変わらない伸びやかで澄んだ歌声と、夢心地なトラックになんか感動した。『耳をすませば』は一度も通して観たことがないからよくわからないのだけれど。歌詞もよく知らなかったけど今改めて歌詞を聞いてみたら、何かを押し殺したかのような様々な感情が喚起される歌詞だということに気付いた。残念ながらわたくしは映画のほうはほとんど知らないので、これがどのように映画の中で効果を発揮しているかは知らない。けどこの新たなアレンジと本名陽子の歌は新鮮な魅力がある。この歌って新たに録音しなおしたものだよね??
 ちなみに、このオムニバスアルバムには他にWorld's end Girlfriendと湯川潮音がこコラボした“君をのせて”も収録されている。De De Mouseのアルバム『Tide of Stars』も良いかといったら良い。




TIDE OF STARS  SPECIAL EDITION
TIDE OF STARS
DE DE MOUSE





21:30 | 音楽 | comments(0) | trackbacks(0)
Gling Glo
Gling Glo
Gling Glo
Bjork



 2004年の夏、当時まだ一年生だったアラ科の数人と外語祭料理店の調査のため、青山周辺(だったっけ?)のアラブレストランを巡ったのだけど、そのうちの一軒でかなり気になる音楽がかかっていたことを今でも覚えている。
 Bjorkのような。でもBjorkにしては歌い方が少し荒いような。バックの演奏は生のジャズバンドだし、微妙に違和感があった。一時はJoanna Newsomかと思っていたけど、Jazzはやったことないし。みたいな感じで忘れかけていたのだけど、ついにその正体がわかった。やはりBjork。しかもソロデビューする前の、1990年発売のアルバムらしい。今では日本では手軽に手に入るのだろうか。iTunesで見つけた瞬間、かなりうれしくてテンション上がって速攻購入した。
 Bjorkのアルバムの中で、これが一番好きかもしれない。『Post』収録の“It's Oh So Quiet”が一番好きなわたくしにとっては、このアルバムはまさにツボ。これはいい。渋すぎるJazzではなくて、Matthew HerbertのようなかわいいJazzが聴きたかったのだ。童謡のような、ミュージカルのような、適度なベタベタさが可愛すぎる。




00:56 | 音楽 | comments(2) | trackbacks(0)
It's Oh So Quiet
Post
Post
Björk



Björkの中で最も好きな曲は“It's Oh So Quiet ”“Unravel”だと思う。
何てリアクションしたらいいかわからないけど、兎に角気持ちが高揚する。
そう、大好き。この二つは、特に。




22:25 | 音楽 | comments(5) | trackbacks(0)
眩暈が。
Talk Amongst the Trees
Talk Amongst the Trees
Eluvium



そもそもあまり聴かないのだけど、わたくしはここまで“アンビエント”に拘りぬいた作品を聴いたことがなかった。徹底的にミニマル。薄く霧がかかっていて、穏やかな波に揺らされるような、ひんやりとした不思議な感覚にしばらく酔っていた。東京で生活していた時に、真夜中、テレビの放送も終了した後の砂嵐をずっと眺めているような不思議な安堵感を覚えた。この音楽はただの波であり、リズムやメロディなど音を区切る要素が一切ない。波の中から新たな波が生まれて、その波が別の波の中に飲み込まれて、その波もまた…という想像をしているうちに全身が波に浸かっていることに気付く。カオスをそのまま飲み込もうとする幻想と、厳かな雰囲気を湛えている。fenneszの“Endless Summer”をさらにミニマルに、徹底的にアナログに、感傷的にした感じ。アンビエントに馴染みのない人には眠気を誘うことこの上ないが、この音楽を聴きながら寝るという快感は十分に味わえるはず。


若干アラビア語を話しなれた気はするけど、なかなか聞き取れない(死)でもなんとなく、この一年でかなり上達する気は最近してきた。


もうすぐ外語祭だね。


下北沢や原宿のオシャレがファッションでドゥルーズを読む時代になったらしいね。





10:25 | 音楽 | comments(0) | trackbacks(0)